第11回学術集会

開催場所:東京医療保健大学(東京・五反田)2017/12/18~19

メインテーマ  :  災害発生時の学校救急看護

特別講演 座長 : 砂村 京子(東京医療保健大学)

    「被災地の健康課題といのちの教育」

  渡會 睦子(東京医療保健大学 医療保健学部 看護学科 准教授

一般口演A   座長 : 井手元 美奈子(北区立赤羽小学校)

  1「保育中の子どもの事故・けがに対応する保育者の体験及び必要とする支援」

           桐川 敦子(日本女子体育大学)

内山 有子(東洋大学)

中道 直子(日本女子体育大学)

  2「校内救急体制の充実にむけた一考察

    ―救急搬送事例において教職員のとった行動の分析から―

                  眞澄 玲香(美濃市立美濃中学校)

渡邉 美恵(関市立緑ヶ丘中学校)

山田 小夜子(中部学院大学)

  3「中学校・高等学校における運動部所有の救急箱に関する実態調査」

荻津 真理子・関 健介(杏林大学保健学部)

 

一般口演   座長 : 荻津 真理子(杏林大学保健学部)

 1「養護実習における実習前および実習後の不安に関する研究

   ―バイタルサイン測定の問診の復習に着目して―」   稲垣 尚美(湘南医療大学)

 2「小学校の傷病者対応における保護者からのクレームに関する研究」

                              湯原 裕子(公立小学校)

 

 学会助成共同研究報告 座長 : 笹川 まゆみ(ひたちなか市立勝田第一中学校)

  「学校管理下で負傷した子どもを医療機関に受診させる際の対応モデルの構築

   ―養護教諭の対応事例から―」

             妻鹿 智晃(東京医療保健大学医療保健学部)

工藤 宣子(千葉大学教育学部)ほか

 

レクチャー

 「養護教諭の実践を研究につなげるには ―根拠のある実践で子どもたちを健康に―」

工藤 宣子(千葉大学教育学部)

 

ワークショップ災害発生時の事例検討とシミュレーションから考える学校救急看護」

コーディネーター : 尾﨑 博美・ 井手元 美奈子・稲垣 尚美(実行委員)